お酒を飲んでしばらくすると、関節が痛くなることがありますよね? その痛みで、なかなか寝付くことができないという場合もあると思います。 では、実際のところ、関節痛とお酒は関係しているのでしょうか? 結論からいうと、関係しているのです。 それはお酒を飲むとビタミンB1が大量に消費され、ビタミン不足の状態になり、神経が普段よりも過敏になるからです。 さらに、ビタミン不足は関節痛だけじゃなく、筋肉痛も引き起こすのです。 その為、お酒による関節痛を防ぐためには、ビタミンB1を補うことが大事ですよ。 ビタミンB1が多く含まれている食材は、豚肉、うなぎ、グリンピースと言ったものなので、これらが使用された料理をお酒を飲む時に食べると、関節痛を効果的に防ぐことができます。 また、お酒を飲むと頻繁に関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります)になるという人は、普段からビタミンB1が不足している可能性があるため、積極的に豚肉を食べるようにしたり、サプリメントを利用した方が良いでしょう。 また、お酒の量をほどほどにするというのも大切なので、適量に抑えるようにしてくださいー